blog index

今から始める!! 半農半X生活

今から始める半農半X生活のブログ
あと、アフィリエイトなども
<< GMの倒産からエコを考える | main | 梅の収穫と柏餅の葉っぱ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
アヤメと菖蒲とカキツバタ
JUGEMテーマ:

 家の前の休耕田で栽培している菖蒲が、いつの間にか満開の旬を迎えてました。んで、しばらく前から疑問に思ってたんですが、菖蒲って……アヤメとかカキツバタに似てるなあって、って言うか呼び方が違うだけで同じなのかなって事。
 んで、ネットで調べてみた結果ですが、自分のところのは『花ショウブ』って種類らしいことが判明しました。ただの菖蒲だと、サトイモ科の別の植物を指すことになるそうです。
 そもそも、菖蒲と書いてアヤメと呼ぶのが本当らしいみたいですね。 カキツバタもアヤメも花ショウブも、全部アヤメ科のようです。違いとか見分け方とか微妙な相違点があるのは確かみたいですが。
花ショウブ1

 花ショウブの特徴は、花が大きく、色に赤紫や青紫、白などがあること。家の前では、多分年々掛け合わされたのか、白でも3種類くらい、紫でもやっぱり3種類くらいあってとても綺麗です(笑)。
 キショウブという、黄色のアヤメもあるそうで、田んぼの端っこにそれもあります(笑)。ただ、それは花が3箇所くらいに蕾をつけるので、3倍楽しめますね(笑)。

花ショウブ2

 でも、カキツバタやキショウブは、こんなに綺麗な模様が出ないので、観賞するなら花ショウブが一番かもです。上の写真のは、特別シルクみたいな質感が花びらにあるので見事って思いますが。
 先週は、蕾をつけた花ショウブを結構な数、農協だか朝市だかに出したらしいんですが、割と高評だったみたいな??? 値段を幾らで出したかは知りませんが(笑)。
 ちなみに、アヤメ科の花って、花が一度咲き終わってももう一度咲きますね。ちょっとだけ、お得です(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://studiomaru.jugem.jp/trackback/79
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ