blog index

今から始める!! 半農半X生活

今から始める半農半X生活のブログ
あと、アフィリエイトなども
<< キウイと玉ねぎ | main | 匂いと臭い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
農業の出てくる小説02

 前回の記事は、ブログの設定に四苦八苦した挙句、結局は改行とかが上手く行ってませんでしたの結末(笑)。なんかね〜、HTMLkのタグ表示に変えるのが必要なんだけど……タグ貼る時だけ変えればいいのかな??? まだ、よく分かってません(笑)。

 さて、今回も外国の小説……っていうか、日本の小説で『農業の出てくる』小説って、ぱっと出てきませんね(笑)。なんでだろ???
 ロバート・A・ハインラインって言えば、SFの巨匠って呼ばれているとかいないとか(笑)??? 自分も一時期はまっちゃって、何冊か読んだんですが。手元に残って、しかも5回以上読み直した傑作は、たった2冊です(笑)。当たりと外れは自分の中ではありますが……当たりに関して言えば、胸を張って人にお薦めできますよ(笑)!!! ってか、読まないと損です(笑)。

 その中の一冊、『ガニメデの少年』って言うタイトルの小説なんですが。 惑星間移民のお話で、地球は人口増加とそれに比例する食糧不足に対面してて。SFなので、まぁ宇宙船で移民しようって時代なんですが、主人公の少年もその中の一人っていう。
 んで、移民する惑星がタイトル通りガニメデなんですが。ぶっちゃけ、SFに興味がなくても、お話に引き込まれること請け合いです。難しい数式とか出てきますが、そこはそれ、作者は何か数学者出身だったらしいので(笑)。
 ガニメデに着いてからも、主人公とその家族は色々と苦労するんですが。ハインラインの小説に出てくる主人公独特の、勉強心っていうか、好奇心向上心が読んでて勇気付けられますね。そして、泣けます。
 読み直しで、同じシーンで毎回泣きそうになるんですが。そこは、まぁ言わない(笑)。そして、開拓者精神っていうか、荒れた土地から実りを得るための努力……。

 

 ちょっと前に、テレビで『ブラジル移民』100周年ってニュースやってて、日本も移民って言葉に無関係じゃないんだなぁって、改めて思いました。無償の土地って言えば聞こえはいいけど、世の中そんなに甘くないと言うか……。色々と未だに問題抱えているようですが、土地に辿り着けば試されるのは開拓者精神のみ……。う〜ん、厳しい。
 北海道もそうですね。ここへの移民と開拓も、それ程昔の話ではないみたいで。そして、アイヌ民族との確執なんかもあったりして……。『ガニメデの少年』でも、先住民との……おっと、これ以上はネタばれなので言えない(笑)。

 農業は出てこないけど、同じハインライン小説と言うことで、もう一冊紹介。こっちは『地球人』としてどう生きていけばいいのか??? って事を考えさせてくれます。いあ、そんなに深くも考えなくても、充分楽しめるんですけどね(笑)。
 読み直し回数は、こっちの方が幾分多いかも知れないです。主人公と、おちびさんのやり取りが面白いって言うか、その二人が捕虜になったり逃げ出したり、また捕虜になったりします(笑)。


 これもSFベースですが、それ程知識が無くても充分楽しめます。むしろ、『本を読む』って言う、根源の楽しさが味わえるかも知れないですね☆ まぁ、それは、自分が若い頃に夢中になったせいも、多分にあるんでしょうけれど(笑)。
| marurunnkome | お薦め商品☆ | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://studiomaru.jugem.jp/trackback/58
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ