blog index

今から始める!! 半農半X生活

今から始める半農半X生活のブログ
あと、アフィリエイトなども
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
梅雨が明けません

 8月に入っても梅雨が明けないという、何だかとても変な天候続きですが。2週間くらい前にあった大雨では、お隣の山口県から北九州にかけて、死者や行方不明者が30人くらい出ちゃったそうで、大きい規模の災害と言えるのではないかと。
 テレビでは250年に一度の大雨だとか、一か月分の雨量が一日で降ったとか、バックビルディング現象が起こったのではないかとか言われてますが。
 ちなみに、一時間に30ミリくらいの雨量で、バケツを引っくり返したような大雨になるのだそうで。バックビルディング現象は何かって言うと、同じ場所に積乱雲が次々と発生する現象で、雲っていうのは積乱雲でも、普通は風に流されて行くものなんですが。
 最初の雨で地面が冷やされると、そこに暖かい空気がやって来た場合に、温暖差で新しい積乱雲が大雨が降った真上に出来ちゃうらしいんですね。 なので、連続した大雨が局地的に降ったのではないかといわれてます。
 テレビの番組中、その映像を見れたんですが。何というか、積乱雲がもくもくと発生していく過程って恐ろしいものがありました。多分、早送りの映像だったと思うけど、巨大な生き物の臓器か何かを見ているみたいで、ちょっと怖かった(苦笑)。

 エルニーニョ現象も今年は見られるとか何とか??? これは海温が例年より一度以上高いってことで、やっぱり積乱雲が多くできるきっかけになるのかな??? 
 関係あるのか無いのか分かりませんが、北海道のじゃがいもなどを含めた農産物、日照不足で今年は例年の7割程度の出来だそうで……。野菜の物価高は否めないかも。

 土砂災害が広く報じられた山口県の防府市ですが、防府天満宮って近辺では割と有名な学問の神様だったかが祭られている場所ではなかったかと。高校3年生のときに、電車で遠足みたいに学校行事で参拝した記憶があります。
 自分の家も、山を切り崩した場所に建っているので、山崩れは人事でもなくて。事実、何度か土砂が崩れて被害にあったこともあるみたいです。自分は記憶に無いんですけど。
雨の中の鳩

 自分の地元でも、この2週間で何度か警報が出てて。雷が凄かったときが一度、大雨の警報が数度あったようです。
 その大雨の中、鳩が電線にとまって耐えている姿を発見。……何故、木陰非難しなかったんだろう(笑)。
 
 今日も割と、どんよりした天気です。布団を干したかったんですが(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 14:01 | comments(33) | trackbacks(0) | pookmark |
ミツバチ事情

 ちょっと前から、割と頻繁にミツバチの失踪のニュースを聞くようになってますよね。日本でも被害は多く見られるそうで、もはや他人事ではない感じです。
 アメリカでは3年くらい前から、ヨーロッパでは90年代から、その兆候は 見られたそうなんですが。年間にして、30パーセントくらいが謎の失踪で巣箱を空にしているそうで。
 そう、色々と説は出てるんですが……未だに失踪の原因は不明だそうです。

 理由と言うか、説は色々と飛び交っているみたいですが。ミツバチに付くダニというのがいて、それにやられてしまったんだろうと言う説とか、ケータイの電波のせいとか、寄生虫説とか。
 ミツバチと言うのは、何とも献身的な習性を持っているそうで、自分が病気に掛かったりダニにやられたりすると、巣の仲間にうつさないようにと、飛んで離れて行ってしまって、人知れず死んでしまうそうなんですね。なので、このCCD(蜂群崩壊症候群)と名づけられて放棄されてしまった巣箱、悲しいくらいに蜂がいなくてすっからかんで手がかりもほとんどないようです。
 フランスとかで有力なのが、農薬説だそうで。ネオニコチノイドという農薬が広まり始めた頃から、ミツバチの失踪が始まったのがその説の裏付ける有力な情報だそうなんですが。
 確かに、その農薬はハチの神経を麻痺させて、方向感覚なんかを駄目にしてしまうそうですが、健全な巣のCCDの発症してないミツバチからの方が農薬が多く検出されたり、農薬と無関係の土地の巣箱もCCDにやられてしまってたり、それだけが原因とは考えにくいみたいです。

 次に有力なのが、移動でのストレス説。アメリカなんかでは特にそうみたいで、受粉に必要な畑にミツバチの派遣業者が、大型トレーラーに巣箱を積んで何千キロの距離を届けて回るそうなんですが。到着した時に、移動の際の風圧で、少なからずの死骸が……。更に到着した場所では、栄養補助剤を使って、働かせているみたいで。これは確かに、酷いと思います。
 それに加えて、環境の変化による栄養不足説というのもあるそうで。これは作物の作り手側の問題が大きくて、作業効率化のための単一栽培が広まって、花の蜜の栄養に頼っているミツバチにとってはとても辛いそうな。いわれてみれば……開花の時期は単一栽培だと一緒で、それを過ぎるとどの畑でも蜜を取れなくなってしまうんですよね。
 ストレスや栄養不足で、弱ったところにダニや農薬が襲う複数理由説もあるみたいで、さらに失踪理由究明への道のりは混迷を増してるような。

 そのニュース特集に出てた専門家の人は、本とか出してて研究に余念も無い感じでしたが。その人の見解では、CCDは自然からの警告ではないかとまとめてました。
 極端な効率化のために、自然の昔ながらのサイクルを人間が組み替えてしまったため、何らかの異常が発生したのではないかって、そんな感じでした。
 品種改良とか、ミツバチの道具化による種族自体の脆弱化が起こっているのかもしれないし、環境自体がミツバチが生きていくのに大変になってきているのかもしれないし。
 ミツバチ失踪が取り立たされるたびに、アインシュタインの言葉が一緒に紹介されるんですが、その言葉もやはり重いんです。『もしハチが消滅したら、人の生命は余すところ4年しかないだろう』という一節で、これは野菜や果物の3分の1が、ミツバチにより受粉されている事実から来るものなのだそうですが。
 

 ↑は外人さんが書いた、ハチの失踪事件を書いた本です。ただ、やはり環境とか生態系の問題も絡んでくるようです。そのニュースで紹介されてた本をと思ったんですが、タイトルを忘れてしまった(笑)。
 今、エコ問題とか取り上げられてますが、そういうのに興味がある方も、是非読んでみて下さい。
| marurunnkome | 半農半X | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クマが出るらしい
 
 週末、こっちは雨降りで田んぼの水やりには行かずに済んだんですが。山にもなかなか行けず、どんより日和の昨日にようやく榊取りに行ってきました。 
 けっこう酷い降りだったのか、山道の形状が微妙に変わってたり。大木の朽木とかが山道を塞いでる箇所とかあるんだけど、更に通りにくくなってたりと大変でした。まるで、入るたび罠やモンスターの配置が変化する自動形成ダンジョンみたいで、ちょっと面白かったけど(笑)。
 いあ、足元とか滑りやすくなってたし、大変なだけだったかも……(笑)。

 んで、車での移動中、弟が言うには……町の北側で、一昨日『クマ』の目撃情報があったらしいとの事!!! 町といっても小さいもので、半分は山なんですが(笑)。目撃場所は、家から歩いて5分くらいの場所。ただ、川を隔てているので家の前で出会う確立は少ないかと(笑)。
 クマは滅多に人里には降りて来ないらしいですが、農作業中の年配の女性に襲い掛かったとか、食べ物に釣られて農家の家に入り込んだとか、ニュースで聞いた記憶があります。まぁ、滅多に無いことなのでニュースで取り上げられたんだとは思いますが。
 まぁ、山で出会うならクマよりイノシシの方が怖いかも。クマは騒がしくしていると寄ってこないらしいですが、イノシシって突進してくる習性があるらしいので(笑)。それより何より、小さくて刺す虫の方が、自分的には嫌なんですが(笑)。
 山での作業中には、動物はお目にかかった事は無いんですが。夜中に車の運転とかしてると、結構山の上の方で野生動物を見かけたりします。
 野ウサギとかキツネとか、イタチとかイノシシの親子とか……。昔はサルとかもいましたね。最近、山の細い道は不便と言うことで、山を大幅に切り崩して新しい道を作ってるので、野生動物には迷惑千万です。
 ちなみに、弟が家の前でナベにご飯入れて餌付けしてるんですが、野良猫の他にキツネやタヌキもやってくるらしいです(笑)。
野良猫

 そのナベの中身目当てに、昼間から居座ってる野良猫です。全然なついていないので、近付いたらすっと逃げていく(笑)。なんで昼間からいるかというと、夜中はキツネやタヌキと壮絶なエサの取り合いになるからみたい(笑)。
 最近よく見かける野生動物は……まぁ、鳥なんですが、キジです。茂みの中で大きな音をたてるのでびびりますが(笑)。あと、飛び立つときにも大きな鳴き声出すので、ちょっと嫌(笑)。
キジが歩く

 あんまり高く飛ばないけど、歩くのは速いです。追いかけるとどんどん逃げていくので、写真撮るのに苦労しました(笑)。
 
| marurunnkome | 半農半X | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
梅の収穫と柏餅の葉っぱ
 
 先週くらいに、梅の実の収穫したんですけど。梅の木の丈が高いから、上のほうの実を取るのが大変で、竹竿で落とすと、今度は下の落ちたのを拾うのが大変で。先に下ばえの雑草を切っておくべきだったと、手際の悪さを後悔したり(笑)。
 まぁ、ある程度までは枝を伝って上の方まで登れるんですが、毛虫とか葉っぱ目当てでいるので、注意しないとえらい事になります。いつだったか、刺されて大変な目にあいました。
 今年の出来は、普通かなぁ??? 何年か前に大きな枝を邪魔だって切っちゃったので、それ以来はちょっと収穫減ってます。
 さっきテレビ番組見たけど、ちゃんと作ってる梅園とがじゃ、枝に鈴生りで凄いですね(笑)。自分の家では、収穫した梅の実は自分のとこで食べるだけなのでそれ程必要ないですけど。
 ちなみに、梅の実って取りたてだと桃みたいな良い匂いがします。
梅の実

 話は変わって、裏山にも緑がどんどん増えてきてます。冬は木の陰だけで、遠くの景色とかも見えてたんですが、今は緑のシルエットで隔絶されてますね(笑)。
 それはそれでいいんですが、ツタの類いはどんどん伸び放題にさせておくと、後々大変なので。邪魔になるのから刈り取ってます。
 そんな中に、ツタで定番の棘付きの植物が生命力旺盛で参ってるんですが。これって、昔は五月の節句の日とかに柏餅作るのに、よく使ってたのを思い出して。
 ネットで調べてみたんですが、柏餅の本当は柏の葉っぱを使うみたいです、当たり前だけど(笑)。ただし、柏の木のない地域では、代用としてサルトリイバラなる、ツタ科の植物の葉っぱを使ってるんですね。ウチもそう。
サルトリイバラ

 葉っぱは、かなり固いけど日持ちはしますね。冷蔵庫にビニールに入れて保存しておいても、10日くらいは平気で青いままでした。
 んで思ったのが、……これ、1枚10円くらいで売れないかなあって(笑)。

 ちなみに、このサルトリイバラ、別名を山帰来(サンキライ)と言うそうなんですが、塊茎は生薬というか漢方薬で、吹き出物とか肌荒れによいそうです。そっちは配合の仕方知らないので売りませんが(笑)。
 いっぱい生えてるので、100枚単位でも全然オッケーです。ただし、青に茶色の混ざった葉っぱも多いので、それも混ざりますし、大きさもばらばらになる可能性が高いです(笑)。
 とりあえず、質問などは
ngqxd779atyahoo.co.jp  atを@に変換して、メールでお問い合わせを。

 ちなみに、場所は広島の山口県寄りの山の田舎です(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アヤメと菖蒲とカキツバタ
JUGEMテーマ:

 家の前の休耕田で栽培している菖蒲が、いつの間にか満開の旬を迎えてました。んで、しばらく前から疑問に思ってたんですが、菖蒲って……アヤメとかカキツバタに似てるなあって、って言うか呼び方が違うだけで同じなのかなって事。
 んで、ネットで調べてみた結果ですが、自分のところのは『花ショウブ』って種類らしいことが判明しました。ただの菖蒲だと、サトイモ科の別の植物を指すことになるそうです。
 そもそも、菖蒲と書いてアヤメと呼ぶのが本当らしいみたいですね。 カキツバタもアヤメも花ショウブも、全部アヤメ科のようです。違いとか見分け方とか微妙な相違点があるのは確かみたいですが。
花ショウブ1

 花ショウブの特徴は、花が大きく、色に赤紫や青紫、白などがあること。家の前では、多分年々掛け合わされたのか、白でも3種類くらい、紫でもやっぱり3種類くらいあってとても綺麗です(笑)。
 キショウブという、黄色のアヤメもあるそうで、田んぼの端っこにそれもあります(笑)。ただ、それは花が3箇所くらいに蕾をつけるので、3倍楽しめますね(笑)。

花ショウブ2

 でも、カキツバタやキショウブは、こんなに綺麗な模様が出ないので、観賞するなら花ショウブが一番かもです。上の写真のは、特別シルクみたいな質感が花びらにあるので見事って思いますが。
 先週は、蕾をつけた花ショウブを結構な数、農協だか朝市だかに出したらしいんですが、割と高評だったみたいな??? 値段を幾らで出したかは知りませんが(笑)。
 ちなみに、アヤメ科の花って、花が一度咲き終わってももう一度咲きますね。ちょっとだけ、お得です(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GMの倒産からエコを考える


 だんだんと暑くなって来ましたが、そろそろ梅雨の時期にも突入するかなって季節ですね。最近、世間を騒がせているニュースと言えばGMの倒産とかインフルエンザとか色々ありますが。
 今日はGMの倒産の事から、農業につなげてみようかと……いあ、カテゴリー増やすの面倒だったので(笑)。本当はエコとか、そっち系ですかね。

 GMってアメリカの自動車会社の事実上の倒産は 、はっきりいって驚きですが。何というか、大きすぎて潰せなくて、国が株の60%を保有して再建まで面倒を見るというのが、本当のようです。
 もっとも、このやり方には異を唱える人も多く。国に最後は頼れるならばと、資本主義の倫理の低下が蔓延するのではという声もあるそうな。お金も掛かるし、本当は国もやりたくは無いんでしょうが、大きな会社が潰れると失業問題とか、社会不安とかそっちが大変になるしねぇ。
 もともとGMって自動車会社、キャデラックとかシボレーとか、買収して大きくなっていった会社のようで。長年の歴史とか、企業の大きさとか凄いものを持ってはいたんですが。潰れた原因は、その大きさにもあるそうな。
 企業が大きいと、雇用者で作る組合も自然と大きくなっていって。組合が強すぎて、福祉とかに流れるお金が莫迦にならないけど、売り上げが落ちてきてもそこをカットしようとしても反発が強い。それで、結局は自分の首をしめた感じですか。
 あとは、トップの責任も大きいみたいで、技術向上を怠っていたという話ですが。20年くらい前に、故障に強くて低燃費の日本車がアメリカ国内でも売り上げを伸ばし始めて。もちろんトップの人達は慌てて、出した結論は技術で対抗するのではなく、日本車の輸入に台数規制をかけてもらっての延命処置。本当に、発展の余地の無い延命のためだけの処置になってしまったようで。

 時代は既に、エコカーとかハイブリットカー(違いはよく分かりませんw)に移行しているみたいですね。各社は、生き残りをかけて開発に力を注いでいるみたいです。ニュースでは、その分野でもやはり日本車が優勢だとか言ってましたが。詳しい話は、よく分からないです。
 やみくもに生産して、ひたすら消費する時代は終わったようです。他の分野でもそうみたいで、中古屋さんとか、今は流行りだとか。
 携帯電話とかも、今はレアメタルの輸入が厳しいので(輸出国である中国も、国内で消費するようになったそうな)使い終わった携帯電話から、リサイクルで取り出すようにしているみたいです。

 いい事だなあって、素直に思います。家庭で出るゴミの中で一番量が多いのは生ゴミらしいんですが。最近は普通に、生ゴミを分解して肥料に出来る機械が電化製品コーナーで売ってるみたいですので。ぜひ、チェックを……分解したのは、家庭園芸の肥料にもなるそうな(笑)。
 
 
 ↑こちらは電気を使用しないタイプ。電気を使用するタイプは、チップとかの消耗品が無い代わりに5万円以上して高いです(笑)。燃やしたり、バイオ使用の分解タイプとか色々出てるみたいですが、安くてネーミングが気に入ったのが紹介してる『自然にカエル』です(笑)。
 6畳住まいとかだと、結構機械の動く音とか気になっちゃうので、こういうタイプが良いかも。あと、どのタイプもそうですが、生ゴミの臭いから解放されます(笑)。


 こちらはもっとエコで、ダンボールの組み立て式(笑)。一日700グラム程度の生ゴミなら、この大きさでも充分だそうです。交換チップがやや高いのが玉に瑕かな??? それでも2年使えば、月のランニングコストは700円くらいだとの話です。

| marurunnkome | 半農半X | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ニュースでやってた中国のこと


 最近、お隣の大国のである中国の話をニュース番組とか特集で目にする機会が多くて。四川省の大地震から丁度一年経ったってのもあるし、オリンピックの騒動とかも含めて、目立つ事も多くなってましたしね。
 さて、このコーナーは農業とかのお話がメインなんですが。先に、何から書こうかちょっと迷いつつ。取り敢えずは話題に上がった、大地震の後の中国の政府の処置を聞きかじった程度ですが掲載。

 聞いた話では、犠牲者の数は8万7千人に達したとか。町ごと倒壊した地域も少なくなく、再建を断念して手付かずのまま廃墟と化したままの場所もあるらしいですね。
 ちょっと……無残だとは思いますが。倒壊した建物の中で亡くなった人は、そのまんまらしいし。でもやっぱり、故郷を失って流浪の民と化した人たちの生活の安定が、最優先なんですかね。
 ただ、莫大なお金を出しつつも、政府のやってる事は本当に国民のためになってるの??? って感じの計画が多くて。近くの町を受け皿にしようと、農地を潰して新しく住宅を建てたのは良いけれど。
 家賃はもの凄く高いらしく、更には前から住んでいた人の保障というか、そういうのは後回しっぽくて。耕す農地を失った人たちは、迷惑以外の何者でもないですよね。
 オリンピックの会場建設のときも、そんな感じのニュースを聞きましたが。地上げと言うか、前から住んでいた人を無理やり追い出して再開発に着手するみたいな。どうやら、向こうの人は権利とか著作権とか、そういう意識は薄いんですかねぇ。有する土地の広さに関係してるとか???

 むこうの貧富の差は、それはもう凄いらしくて。これは別のニュースで見たんですが、中国には1億人の富裕層がいて残りは全部貧困層らしいです。んで、毎年100万人くらいが日本に観光に来て、電化製品のまとめ買いなんかでお金を落としていくらしいですね。
 なんと言うか……歪みがすごいです。そのうち破綻しそうで怖い感じ。特に、沿岸沿いの工場なんかは、アメリカの不況を受けて閉鎖が相次いでいるそうですが。自動車の部品とか、小物とかを取り扱う工場が大半らしいのですね。
 この沿岸の工場、稼動してたときは空気汚染の問題なんかで、日本にも少なからず影響があったらしくて。九州の北の島では定期的な観測をしてるとの話ですが。
 とにかく、そこで働いていた人ってのが、ほぼ田舎から出稼ぎに出て来てた人たちで。稼げなくなって農村部への出戻りの数がなんと2億人!! 桁違いですよね。
 農村にいて畑仕事すれば、食う物には困らないけどお金は稼げないわけで。子供とか進学して手に職つけようと思ったら、やっぱりお金は掛かるわけで。政府はそんな問題には無関心、抜け出す手立てはないですよね。
 
 日本の企業も、低賃金目当てに工場を持ってるって話ですが。『ギョウザ事件』とかで浮き彫りになった、食の安全の問題とか色々ありますよね。戦争での侵略の歴史も、まだまだ棘となって残っているみたいで。
 ああいう広い国って、何考えているか分からないから不気味と言うか。食についても、前の職場では嫌なニュースを結構聞きましたし。
 成長ホルモンで太らせたうなぎの話とか、殺虫剤まみれの野菜作りとか。向こうの人は、野菜に付いた薬品を洗うために専用の洗剤を使うのが常識だとか。自分に言わせれば……なんですが。

 中国の明るいニューズで、最後は締めたいと思うので(笑)。



 この映画、凄いらしいです。大きい国は、スケールも大きいですねぇ(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハーブと言えばカモミール
 
 多少偏見は混じってますが……ハーブと言えば、育てやすいと実感のあるカモミール(笑)。去年の秋に鉢に種をまいて、無事に越冬。今年の春に裏山に植え替えたのが、何とか根付いてくれました。
 種がね〜、100円市で二袋100円という安いのだったんですが。安いから色々と種類を買ってきて試してはいるものの、成功したのは今のところカモミールのみです(笑)。
 本やネットで色々と情報を仕入れて。収穫から保存まで頑張るつもり。もちろん、ハーブティ用にとは思ってますが。

 今更ながら、薬効とかも一応書いておきますと。不眠症、鎮痛、消化促進、殺菌作用、貧血などなど。リラックスハーブの代表みたいなものですねぇ。使う部分は花の部分ですね。しかし……情報が摘む時期は花が開ききらないうちとか、黄色い部分がぷっくりしてからとか、よく分からない(笑)。
 花は摘んでもどんどん後から咲いてくるので、ためらわずに収穫すべし!! 梅雨に入る前から、5ヶ月くらいは花を楽しめるそうです。
咲いたカモミール

 これは、ちょっと前に撮影したもので。今は満開で、既に2回ほど花の収穫をしました(笑)。特徴として、リンゴの香りがするって書いてあったんですが……そこまで強烈な匂いはしないなって、洗う前までは思ってました。一応、乾燥させる前に、アブラムシとか付いてる可能性があるので洗うようにって聞いてたんで。
 洗ってみて、納得。すんごい匂いが広がりました(笑)。

 んで、ハーブって雑草モドキで、病気や害虫には強いって認識があったんですが。種類によっては、病気や乾燥、害虫なんかに弱いのもいるらしいと判明。カモミールはと言えば、乾燥にも弱いし、何よりアブラムシが付きやすいそうで。
 付いてしまったら、ガムテープ使って取ってしまえとか、牛乳をスプレーで吹きかければ呼吸できずに死んでしまうとか、色々対処は知ってたんですが。……やっぱ、気持ち悪いし面倒くさいのです(笑)。幸い、この花には寄って来ないなって喜びつつ、数日後の水遣りの最中。
 ……付いてました(笑)。ぎゃ〜〜〜っ!!! 全部の茎にではないけど、結構な数います。どうしようかと、しばし思案しつつ……ふと見ると、なんか赤いのが同じ茎に張り付いてます。
 てんとう虫じゃんっ(笑)。おおっ、救世主!!! 2〜3日放置してたら、綺麗に平らげてました、食物連鎖ってすげ〜ですよっ(笑)。
収穫カモミール

 収穫したのは、日陰で乾燥させるそうな。収穫したてをフレッシュでハーブティにしても良いそうですが、乾燥させたほうがエキス?? が良く出るのかな???
 ハーブティは嫌いではないですが、正直美味しいと思い始めたのはごく最近になってから。しかも、自分で市販のを適当にブレンドしたものを、冷蔵庫で冷やしたのを飲んだときに「いいかもっ」て思ったのが最初でした(笑)。
 ハーブは栽培も、食べたの飲んだり観賞したりして楽しむのも、結構奥が深いので。勉強してから手を付けたほうが、無難ではありますが。今はネットでも簡単に調べられるしね(笑)。
 ちなみに、カモミールはジャーマン種とローマン種ってのに分けられるそうで、ジャーマン種は1年草で、自分とこのもそうかな。こぼれ種で勝手に増えていってくれるそうなんですが、果たしてどうなることやら。信用して、4月にじか蒔きしたんですが、全く芽がでません(笑)。
 ローマン種は多年草で、這うように育つそうですね。挿し木で増やすそうでそっちも育ててみたいとは、ちょっと思いつつ。たた、自分とこは冬が結構寒いので。越冬できるかどうかが心配です。
 
 ちなみに、ナスタチウムとかディルとかを一緒に植えれば、アブラムシなどが付きにくくなるそうです。……ナスタチウムって、何だろ(笑)。ハーブかなぁ(笑)???
| marurunnkome | 半農半X | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セリと菖蒲と
 
 段々と昼と夜の温度差が激しくなって、ちょっと風邪気味になりつつもなんとかしのいでる今日この頃です。外での作業中に夕立ちに見舞われたりして、さらに体調が微妙だったり。
 昼間は本当に暑くなってきましたねぇ。そして、田舎の夜は相変わらず冷え込みが激しいです(笑)。

 この間、気の早いミンミンゼミが鳴いてたのを耳にしましたが。まだまだ川縁のカエルの声の方が大きくて元気ですね。
 春先に咲く花も、既に大半が散ってしまってますが。今から旬の花も結構あるみたいで。去年の秋に鉢に種をまいて、今年の春に裏山に植えなおしたカモミールも、とっても今が旬!! です☆
 花ではないんですが、食べられる葉っぱのセリってのがあって。ちょっと湿った日陰とかを好むのかな??? 家の休耕地で、毎年菖蒲の花が生えてくるんですが、その間を縫うようにいっぱい茂ってます。
 これを、親が近くの朝市とかで売るからって収穫させられるんですが。油断すると長靴の穴の開いたところから水が入ってくるから油断できません(笑)。
セリ

 セリというのは、独特な匂いがしていいですね。しかも、元は雑草なのですぐ次が生えてきます。美味しいかどうかは定かではないですが(笑)。ちょっと離れた場所に親が植えたらしい、クレソン??? ってのは、食べたんですが。味は……まあ普通でした(笑)。
 収穫した奴は、水で洗ってグラム分けして、ビニールに入れて売れる形にします。まぁ、300グラムだとしたら5袋くらい用意して、100円とか200円くらいのものなんでしょうかね。まぁ、雑草が売れる時点で良い事なんでしょうが……(笑)。
 一番の群生地の家の前の休耕地の菖蒲は、まだまだ花を咲かせませんが。他の場所に点在してる奴はちらほらと咲き始めてます。んむっ、日陰の方が具合がいいのかな???
菖蒲

 家の庭の一枚です。春になって、庭木の枝葉が伸び放題になってきているため、剪定なんかもしてるんですが。その話はまた今度。
| marurunnkome | 半農半X | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山に入る

 親が定年後に、榊(さかき)を作って下請けに卸してたりしてるので。最近は山に入って、榊を取ってくる仕事の手伝いとかしてお金を貰ってたりします(笑)。
 昨日も入ったんだけど、途中雨が降って来ておもいっきり濡れてしまいました。山の中にいたときは、木の葉の傘でそれ程でも無かったんだけど。平地に出た途端、遮るものも無く……お陰で、昨日の夜から少し風邪気味。

 インフルエンザも、そういえば全国的規模でテレビのニュースを賑わせてますが。映画で『感染列島』でしたっけ??? そんなタイトルも存在する中、冗談ごとではなくなってたり。怖いですねぇ。
 今はとっても良い天気。最近、夕方に雨が降るパターンでしたが、今日は平気かな。少し畑をやりたかったので、何よりです。しょうがを植えてみたいと思ってるのです。

 実は榊としきび、自分の中でこんがらがってたので、ネット検索してみたら。 漢字で覚えれば簡単だと言うことが判明。榊は神様用……神棚なんかにお供えするものですね。家でこれを作ってるんだけど、一つ作って200円。お店で売ると470円だと親がぼやいてました(笑)。
 下請けすっ飛ばせば、利益も上がるし安く提供出来るんだろうけど、無人販売なんかにも限界があるわけで。5月に入って急に忙しくなってるみたいで、葉っぱがすぐ足りなくなります。困ったもんだ。
 しきびは仏様用で、お墓にお供えする葉っぱですね。ネットで初めて知ったけど、秋になる実に毒性があるみたいで、動物避けに墓地に植えてたりしてたらしいですが。枝にも毒がちょっとしあるって書いてたけど……家の空いた敷地で思いっきり栽培してます、大丈夫でしょうか(笑)。
 
 さて、山で榊を取る方法ですが。まだ数回しか行った事ないので、これがなかなかに難しい。結構、一定の間隔を置いてはえてるんですよね。遠目に見て、濃い緑の葉っぱを捜せばいいんだけど……椿も似たような感じだし、さかきにもよく騙されます(笑)。他の葉っぱは、今は黄緑なのでそうでもないかなぁ。
 斜面にはえてる奴は、上の枝も取りやすいんですが。大きい木になると5メートルくらい行くかな。ネットでは15メートルくらい成長するって書いてたけど。取るときには、枝を間引く感じで成長を妨げないように、なるべく青い枝には手を出さないようにしてます。
山に入る1

 これは、肝心の榊の木があるんだかないんだか(笑)。山の中でこぶこぶの木を見つけて面白かったので撮ってみました(笑)。
 一応、山道らしきものはあるんだけど、途中からは文字通り山に分け入るので。葉っぱ取って荷物が増えてくると、移動するだけで大変だったり。来た道を忘れると、遭難の可能性もあります(笑)。
 そんなときに役に立つのは、尾根と谷……かな??? 山を2面で考えれば、自分のいる場所を把握しやすいかも。景色覚えても、あんまり役に立ちませんよ(笑)。
山の中の岩1

 こんな特徴ある岩もあったりしますが……もう一度探せって言われても、絶対無理(笑)。岩と岩の接地面があまりに直線なので゛驚いたんですが、今考えるにただの亀裂なのかも(笑)。山の中に、こんな大きな岩がぽつぽつと点在してます。どっから来たんですかねぇ。
 夏になると、暑さと虫の出現で、凄い大変になると思われますが。……あんまり考えないようにしておこうっと(笑)。
| marurunnkome | 半農半X | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ